トップページタヒチモルディブシャルムエルシェイクビミニ沖縄
 
◆シャルムエルシェイクメモ◆
国名  
エジプト・アラブ共和国
 Arab Republic of Egypt 
  首都  
カイロ
  旅行会社  
利用した旅行会社

エスティーワールド
 
 
 
 
 

宮古島写真集
 
 
 
   
 
  カイロの風景  
シャルムエルシェイクのツアーにはたいていカイロ観光が1日ついています。
やはりピラミッドは必見です。写真や映像ではおなじみですが実物の迫力と存在感は想像を超えるものがあります。
5000年の歴史を肌で感じることができます。
スフィンクスはクフ王のピラミッドをバックに春分・秋分の日に太陽が昇る方向(真東)を向いています。
ピラミッドやスフィンクスについては様々な説がありますが、古代の人々の自然や宇宙に関する思いは現代人のそれをはるかに越えているような気がします。
ピラミッドからスフィンクスまでは結構距離があります。ラクダに乗って観光もできます。
時間がなかったのでピラミッドをバックにラクダに乗って写真だけ撮らせてくれと交渉したのですが、結構ぼったくられました。
スフィンクスの目の前に広がる街中にはラクダやら馬車が行き来しています。
カイロ博物館はできれば時間をかけてじっくり見たいところです。
個人的には2階にある一部屋でパピルスに描かれたアートの美しさに釘付けになってしまいました。
1Fにはピラミッドなどがつくられた古王朝から新王朝時代までの遺物が順に展示されています。有名なツタンカーメン王の墓からの出土品は2階の特別室で展示されていました。
ハン・ハリリー市場に行こうとしたのですが、地図ももたずに来てしまったのでタクシーを降りてから全く逆方向に歩き出してしまい、妖しい路地に入り込んでしまいました。
古い建物の間の狭い路地を大勢の人が行き交いフルーツや日用品が並べられています。もともと生活感あふれる路地の雰囲気が大好きなのでそのまま前を歩く人々のあとをついていったのですが、どうみても人の家の中と思われるようなところを通ったりしながら何とか大通りへ戻ることができました。
ハン・ハリリー市場です。、観光客も多く、アラブ風のエキゾチックな雰囲気の商品がところせましと並んでいます。
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
 
シャルムエルシェイク  基本情報シャルムエルシェイクの風景カイロの風景 | ダイビング基本情報 | ダイビングの風景 |
サイトマップ

Copyright (C) 2006 All Rights Reserved
当サイトはリンクフリーです
お問合せはこちらから