トップページ タヒチ モルディブ シャルムエルシェイク ビミニ 沖縄
 
◆タヒチメモ◆
国名  
フランス領ポリネシア
FRENCH POLYNESIA
  首都  
パペーテ(タヒチ島)
  旅行会社  
{利用した旅行会社

ブイ・アイ・ピー
 
 
 
 
 

宮古島写真集
 
 
 
   
 
  ダイビングの風景  
マンタレイバレー(ボラボラ)
エントリーした瞬間に早速マンタがお出迎え。エクジットの後もボートの上から泳いでいくマンタを見ることができました。
マンタレイバレー(ボラボラ)
壁沿いに進んでいると、いきなり壁の上からマンタが登場。至近距離だったのでみんなびっくり。そして狂喜乱舞の状態。
マンタのほうもびっくりしたみたいで、そそくさと去ってしまいました。
マンタレイバレー(ボラボラ)
ガイドが後ろを指差すので振り返ってみるとマンタの行列がやってきて私たちを追い抜いていきました。
手の届きそうな距離で正面・横顔・後姿をじっくり観察。
ホワイトバレー(ボラボラ)
海底が真っ白な砂地のドロップオフで、深いブルーとのコントラストが美しい外洋のポイントです。
この日はシャークフィーディングをやってくれました。エントリーして海底に集まったら、ボートの上から餌を投げます。とたんにどこからともなく集まってきてすごい勢いで餌に群がるサメ達。流線型のシャープなシルエットがきれいでした。
ここで通常見られるのは恐ろしいタイガーシャークとは違って比較的小ぶりなレモンシャークやホワイトチップです。
クリフ(ボラボラ)
ホテルボラボラの前、ひときわブルーのグラデーションが美しいラグーンにあるポイントです。
海底には真っ白な砂丘がひろがっていて、神秘的な青い砂漠といった雰囲気です。
この日はトビエイの群れに遭遇。群れは2つあり、途中で合流してしばらくの間私たちの目を楽しませてくれました。
まるで空を飛ぶ鳥を見ているようでした。
ブレイク(マニヒ)
エントリーと同時にサメに遭遇しました。
ボラボラのように餌で呼んだわけではないのでちょっとびっくり。
ここは「タイラパパス」といって、外洋とラグーンを結ぶ水路のようなところです。潮の流れに乗ってドリフトするのですが、結構なスピードです。あっというまにナポレオンを追い抜いてしまいました。
サーカス(マニヒ)
ラグーン内にあるポイントです。
マンタ狙いで行ったのですが、残念ながら姿はなく、代わりにガイドのテリーがマンタになりました。
     
     
     
     
     
     
 
■タヒチ  基本情報 | ボラボラの風景 | マニヒの風景 | ダイビング基本情報 | ダイビングの風景 |
サイトマップ

Copyright (C) 2006 All Rights Reserved
当サイトはリンクフリーです
お問合せはこちらから